【質 問】浄土真宗の法名(戒名)ですが、男性の場合、釋○○と必ず3文字なのですか?信士・居士などの文字も入らないのでしょうか。

浄土真宗の法名に本来居士信士はつかない

浄土真宗の法名―大谷派と本願寺派

浄土真宗の戒名(法名と言います)ですが、
男性では、釋◯◯
女性では、釋尼◯◯
となります。

浄土真宗大谷派(本山は東本願寺)では、法名は上のパターンです。

本願寺派(本山は西本願寺)では、両性同じにしようと言うことで、
男性も女性も、釋◯◯
にしていますが、
実際のところ、末寺(本山ではないところ)では、
女性には、釋尼◯◯
とするところが多いようです。

やはり法名を見ただけで、男女が分かるからです。

釋◯◯居士(こじ) や 釋尼◯◯大姉はあるのか?

ところで、
釋◯◯居士(こじ) や 釋尼◯◯大姉、
釋◯◯信士(しんじ) や 釋尼◯◯信女(しんにょ)
という法名も現実にはつけられています。

これはなぜかと言いますと、禅宗などの他派の影響で、本来シンプルだった法名に、末尾に居士や信士などの位号をつけて長くして、立派に見せたいという気が働いたためと思われます。

こういうものは慣習ですので、こうあるべきと言って、非難することではありませんが、浄土真宗本来の簡素さからは外れているかもしれませんね。

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています