お骨上げで一部しか持ち帰らない西日本

お骨上げ―総骨と部分拾骨

総骨と部分拾骨

東日本では、お骨上げをしたら、そのお骨を全部拾う全部拾骨をします。
これを総骨(そうこつ)と言います。

ところが、愛知以西の西日本に行きますと、焼骨は全部は持ち帰りません。

喉仏を中心に、体の各部位のお骨を少しずつ拾骨します。部分拾骨と言います。
従いまして、それを収める骨壷のサイズも、東日本のに比べて半分くらいの大きさになります。

では、残りのお骨はどうなるんだろうなんて、誰も心配しません。

全部持ち帰りたい場合

ただ、全部持ち帰りたいという要望があれば、あらかじめ葬儀会社に伝えておけば、そのような要望通りにさせてくれます。

所変われば品変わるの一例です。
どちらの地方の人もそれが当たり前になっていて、疑問すら生じません。

部分拾骨の残りはどうされるのか

ちなみに、部分拾骨の残りですが、さる大寺院に移送されて、丁寧に供養されています。
どこの寺院かは内緒です。

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています