一番近いご先祖様はだれでしょうか

お盆と親孝行

お盆とは

今はお盆の季節ですね。地方によってはお盆は7月に終わっています。

お盆の起源は、お釈迦様の弟子の目連尊者(もくれんそんじゃ モッガラーナ)が、超能力で死後のお母様の居所を透視したところ、餓鬼道の世界に落ちておられた。それを儀式によって餓鬼【がき】の世界から救われたことから起こったとされています。

お寺でお盆の時期に行われるお施餓鬼法要はこれが起源です。盂蘭盆会と言います。

日本では古来の祖霊信仰と結びついて、お盆と言えば、ご先祖様が帰って来られる時とされています。

一番身近なご先祖は父母です

直接お盆には関係がないことですが、知人にこんな男性がいました。

久しぶりにお会いしたら、残念ながら離婚していました。
奥様もよく存じており、とても仲の良い夫婦だと思っていたのですが、月日の経過で人の心も変わるのでしょうか?

その知人男性が言うには、
「家内がある時から新興宗教にはまり、先祖供養が大事だと言うのです。
それは別に良いのですが、ちょうどその時、自分の父が入院中でした。

ところが家内が一向に父の見舞いに来ない、世話もしようとしない。
でもご先祖様を大切にと言う。

一番近いご先祖様は、親ではないですか?」

そのようなことがあったり、他の事情もあったのかもしれませんが、二人は離婚しました。

確かに一番近いご先祖様は両親です。
そして、もっとも孝養できるのは生きている間ですよね。

一番身近なご先祖である自分の両親を育てられた親だからこそ、この世にいらっしゃいなら供養をするのだとそのように思います。

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています