自粛生活中にやること:携帯を格安シムに!

携帯電話料金が家計を逼迫ー日本人貧困化の原因

携帯電話料金が高すぎることが日本人貧困化の原因と言われます。

すでに過去記事で、年収800万円の人が貯蓄ができない理由の一つは、スマホ代金であると書きましたが、今や、日本人は家計の4%ものお金をスマホ代金・通信量にかけているようです。

食費代を削ってでも、携帯電話料金を支払うのが今の日本の家計のようです。
若い人なんかが所得が多くないのにキャリア(Docomo、AU、ソフトバンクを言います)の携帯電話料金が高いので、それを支払うだけで精一杯になっているようなのです。

  参考記事⇒ https://news.livedoor.com/article/detail/16838676/

でも格安シムというのがあります。当会では、今の電話機に格安シムを入れることをおすすめしています。

スマホはそのままで中に入っているSIMカードを入れ替えるだけで料金が大幅に安くなります。使う電波はdocomo, au, softbank の3種類あります。
具体的には、イオンモバイル、ビッグローブシム、mineo(マイネオと読みます 関西電力系の会社)、UQモバイルなどがおすすめです。

ややこしいのはちょっとという方には、イオンの中に入っているイオンモバイルがおすすめです。

 

格安シムの導入方法について、詳しくは、過去記事 年収800万円あるのに赤字だなんての続き

をご覧下さい。

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています