高齢者の高熱、床ずれ放置…熊本・菊池の老人ホーム 市が虐待認定

寂しい車椅子

2019年7月19日

熊本県菊池市の有料老人ホーム「ケアホームともづな」に対し、市が高齢者虐待防止法に基づく調査を行い、入居者に高熱や床ずれがあっても放置したり、ベッドに拘束したりする虐待があったと認定していたことがわかった。市は施設に対し、7月末までに改善計画書を提出するよう求めている。

 

 市によると、1月に施設職員から通報を受け、2~5月に調査。入居者約20人のベッドの四方が柵で囲まれ、身体を拘束された状態だったことを確認した。家族の同意を得ておらず、緊急性もなかったことなどから、身体的虐待と認定した。

 また、施設職員らに聞き取りをした結果、高熱や床ずれがあっても病院を受診させずに放置するなど介護の放棄もあったほか、複数の職員が入居者に対して暴言を吐いていたことが判明。
市は、2019年6月21日付けで虐待を認定、同年7月末までに改善計画書を提出するように求めている。


 施設は、株式会社「ともづなリハサービス」(菊池市)が2013年に開設し、46人が入居。同社は「今後の対応を協議している。入居者やご家族に不安と心配をおかけし、申し訳ない」としている。

<事件があった介護施設>
・名称:ケアホームともづな(冨来一到(とみきかずゆき)社長)
・住所:熊本県菊池市西寺1581
・入所定員:55名
・経営主体:株式会社ともづなリハサービス

菊池市によると、2019年1月に同施設に勤務する職員から通報を受け、2月から5月にかけて立ち入り調査を実施。その際、40度近い熱が出ていた入所者男性に対し、治療を受けさせずに放置しているところを確認し、さらには当時の入所者46人のうち約20人はベッドの柵で四方を囲まれており、身体拘束と認められる状態であったことが明らかになった。

深さ5センチの床ずれも放置して、家族にも内緒

市などによると、昨年秋、90代の女性入所者の腰に直径8センチ、深さ5センチの褥瘡(じょくそう)(床ずれ)ができていたが病院の皮膚科を受診させず、家族にも知らせていなかったという。

ヨミウリ・オンラインなどから

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています