北枕は縁起が悪いわけではありません

北枕は縁起が悪くない

北枕の由来

北枕は、お釈迦様が入滅(にゅうめつ)つまり亡くなる時に、頭を北方向にされたことに由来しています。
それ以後、日本では死者を北枕にして寝かせるようにしました。

よって、生きている人は北枕にしないほうが良いということになり、北枕は縁起が悪いというようになったのです。
しかし、これは論理的ではありませんよね。

お釈迦様が北枕でお亡くなりになったので、死者は北枕にしよう

ここまでは別に構わないのですが、
だから、北枕は縁起が悪い
というのは論理的ではありません。

どちらでも良いのです。
北枕が縁起が悪いとするのは日本だけです。

北枕はむしろ生きている人には良い

一説によると地磁気の方向を考えると、むしろ北枕が良いと言われます。
また、インドでは、北枕にすると人が生き返ることがあるので、そのようにする。
今のように死亡診断が確定できなかった時代には、北枕にして生き返る可能性を残しておいたのです。

なので、死者を北枕にして寝かすわけです。
この説によると、
生きている人にも北枕は縁起が悪いどころか、「気」の面では良いのです。

また、風水では、北枕にすると金運がアップするというように説明されています。

そのように言う人達もいるということです。

いずれにしても科学的に本当かどうかは分かりません。

なので、北枕が縁起が悪いということにはならないと思えます。

部屋の作りとかで北枕になるのは問題ないと思います。

それでも、北枕は自分は避けたいという人なら、違う方向に枕を向けてお休みになったら良いのではないかと思います。

北枕で寝るのは縁起が悪いは仏教由来ではないのです

「縁起が悪い」とか「縁起を担(かつ)ぐ」ということを信じるのは構いませんが、そういうのは仏教とは関係のないことです。
「縁起」は仏教用語ですが、元来の意味とはまったく違う意味で使われるようになっています。

10年の実績を誇る当会は、低価格にて戒名を授与しています

戒名を居士大姉23,000円、院号付き50,000円から で授与しています